生き残り戦略

経営支援

経営戦略策定・新規事業計画

経営戦略は全ての活動の羅針盤です。
どのような活動も、経営者の戦略がなければその方向は定まりません。

わたしたちは、時間をかけずに経営戦略を作成する手法である、TNMSを開発し、中小企業の経営戦略作成の支援をしています。
構えずすぐに始められるのがポイントです。以下が手順です。

事業承継、M&A

廃業を考える前に事業承継を考えられましたか?

長年大切に育て上げられた御社の廃業を考える前に、先ずは事業承継、次にM&A等、様々な支援を提供していますので一度お気楽にご相談ください。

1.     事業承継

事業承継で次代の後継者へスムーズな引継ぎをされている企業は、徐々に事業規模を大きくされています。若い経営者は変革と挑戦をしながら下請けからの脱却を図ることで生産性向上を図られていることが、図表 1、及び図表 2に示す東京都大田区の製造業においての統計的な数字で見て取れます。

事業承継の中でも、ご子息へバトンを渡される親族内承継や、生え抜きの従業員への親族外承継等、いろいろな事業承継のご相談を受け賜っており多くの実績を積んでおります。

図表 1 企業のライフステージ別にみた従業者数(企業単位)

(出所:大田区ものづくり産業等実態調査【概要版】図表11、令和2年3月大田区)
図表 2 企業のライフステージと受注形態の関係

(出所:大田区ものづくり産業等実態調査【概要版】図表12、令和2年3月大田区)

2.     M&A

昨今はインターネットの発達でM&Aプラットフォーマが台頭しており、全国レベルの企業間のマッチングサービスも可能となってきております。売り手企業側のアドバイザーや買い手企業側のアドバイザーも承っております。一方、売り手企業側と買い手企業側との間に入る仲介者としてM&A案件を対応することもできます。

 売り手企業の譲渡スキームとしては、株式譲渡や事業譲渡など多彩な方法が考えられます。それらのメリットやデメリット等、無料相談で御社の希望をお伺いして的確な方向性についてご提案いたします。

一方、買い手企業においては、経営相談の一環として労働生産性を向上するために、規模を大きくしたいとか、シナジー(相乗効果)を狙った成長戦略を築くために買収を検討したい等の事例が非常に多くなっております。

 当NPO法人では、これらM&A案件をトータルで支援することが可能です。また、売り側企業の企業価値の調査(デュー・デリジェンス)も可能ですのでお気軽にご相談ください。