情報セキュリティ基本方針

 当団体は、地域関係者との信頼に基づく連携により、地域産業の経営革新や社会環境整備など、地域振興に必要な事業を行い、互いの発展に貢献すると共に、地域社会の振興により、広く公益の増進に寄与してまいりました。今後も、これまでに培ってきた地域関係者との信頼をさらに高め、また公益のさらなる増進を図るべく、情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守るために、情報セキュリティ基本方針を定め、当団体の情報セキュリティに対する取り組みの指針といたします。

1.組織内体制および情報セキュリティポリシーの整備

当団体は、セキュリティの維持及び改善のために必要な管理体制を整備し、必要な情報セキュリティ対策を組織内の正式な規則として定めます。

2.リーダーシップにおける責任および継続的改善

当団体の理事は、本方針の遵守により、当団体及びお客様の情報資産が適切に管理されるよう主導します。

3.法令、契約上の要求事項の遵守

当団体の会員は、事業活動で利用する情報資産に関連する法令、規制、規範及びお客様との契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。

4.当団体の会員の取組み

当団体の会員は、情報セキュリティの維持及び改善のために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

5.違反及び事故への対応

当団体は、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範及びお客様との契約に関わる違反及び情報セキュリティ事故への対応のための体制を整備し、違反及び事故の影響を低減します。

2017年12月5日
特定非営利活動法人モノづくり応援隊in大田区
理事長 前田 幸穂